がん免疫療法コラム

シンボルマーク
パターン
パターン

Vol.193 アピアランスケアとは?

がん治療によって見た目の変化が起きることもある

がん治療では、外科手術や放射線療法、化学療法、免疫療法などさまざまな治療方法があります。どの治療法をおこなったとしても副作用のリスクがあり、治療におけるメリットと副作用のリスクを理解することが重要です。

副作用の中には、治療の継続を難しくしたり、命に関わるほどではないにしても見た目が変化するものも存在します。

例えば、最もインパクトのある見た目の変化が伴う副作用として脱毛が挙げられます。脱毛は、髪の毛やまつ毛、眉毛などの体毛が抜け落ちることがあり、見た目が大きく変化するので心理的にも負担があります。

そのほかにも、皮膚に色素が沈着したり、爪の剥がれなどがおこったりすることもあるので注意が必要です。

 

見た目の変化によって治療の継続が難しくなることも

副作用によって見た目の変化がおきると、患者に精神的なストレスがかかることも考えられます。脱毛などによって髪の毛を失うことは、心理的なショックが伴うため場合によっては治療の継続に対するモチベーションの低下にもつながる可能性があります。

近年では、がん医療の進歩により、治療を継続しながら社会生活を送ることが可能となりました。そのため、外見が変化する副作用によって他人との関わり、外出などを避けたりして日常生活が送りにくくなることもあるので対策が必要です。

 

治療による見た目の変化にアピアランスケアがおこなわれる

近年では、がん治療における外見の変化に対して、社会的な支援を通して対策するアピアランスケアをおこなうケースが増えてきました。アピアランスケアは、変化した見た目を補完するケアであり、脱毛に対するウィッグや爪の変化に対するマニキュアなどがあります。

見た目の変化に対してアピアランスケアをおこなうことで、日常生活を送りやすくしてがん治療の継続を助けることにもなると言えるでしょう。

 

つらいと感じたら相談することが重要

がん患者に苦痛を減らすことが期待されるアピアランスケアは、多くの医療機関で相談することが可能であり、地方自治体によってはアピアランスケアにかかる費用を助成する制度も存在します。

がん治療に対して不安を感じたり、つらいと感じたりしたら医師や看護師、ソーシャルワーカーなどに相談した方が良いでしょう。

日本人の多くががんにかかる可能性があるため、がん治療を受ける患者のQOLの向上は、今後も進むと考えられます。

 

アピアランスケアによる生活の質向上に向けた取組,厚生労働省健康極がん・疾病対策課
https://www.mhlw.go.jp/content/10901000/000559470.pdf

アピアランスケア,福岡県
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/apiarannsukea.html

この情報をシェアする
シンボルマーク

よく読まれている記事

株式会社 同仁がん免疫研究所
〒862-0967 熊本県熊本市南区流通団地1-44-2  TEL : 0120-350-552
© Dojin Institute of Cancer Immunology, Co., Ltd. All Right Reserved.