がん免疫療法コラム

シンボルマーク
パターン
パターン

Vol.126 T細胞を使ったがん免疫療法の進展(2)

前回に続き、T細胞を利用したがん免疫療法におけるナノマテリアルの可能性を紹介していきます。

生体内でT細胞の増殖を促すナノマテリアル

現在のCAR-T療法では、採取したT細胞に対して遺伝子改変・増殖させた後に患者本人へ戻しています。しかしながら、この方法では時間がかかるだけでなく、生体内で改変したT細胞が増殖せずに治療効果が不十分となってしまうことがあります。

ここでナノマテリアルの出番です。今までは生体内でT細胞の改変を試みても、目的のT細胞まで遺伝子導入・改変に必要な物質を届けることができませんでしたが、これらの物質を含むナノマテリアルが開発されました。さらに、そのナノマテリアルの表面にはT細胞が認識できるタンパク質を修飾しているため、目的とするT細胞への高い送達効率が期待できます。

このナノマテリアルを生体内に投与するとCAT-T細胞は産生・増殖することが確認されています。つまり、この方法ではCAR-T療法のための特別な施設は必要なく、時間とコストの削減が可能となります。この方法は現在臨床試験が行われており、今後の動向が注目されています。

T細胞の働きを高めるナノマテリアル

T細胞の働きにはサイトカインと呼ばれる物質が大きく関与しています。そのため、T細胞を利用した治療を行うときにサイトカインを投与することで、より高い治療効果が得られる可能性がありますが、副作用の問題から現実的な選択肢にはなっていませんでした。しかしながら、サイトカインにナノマテリアルの技術を適用することによって安全性と有効性を高めることに成功しており、現在も実用化に向けた研究が進められています。

また、免疫チェックポイント阻害剤による治療にも、T細胞の疲弊を防ぐタンパク質を表面に修飾したナノマテリアルを利用することで治療効果が向上する可能性があります。

以上のように、T細胞の増殖や治療効果の向上にはナノマテリアルが欠かせない存在となりつつあります。

 

[参考資料]

Ningqiang Gong et al., Nanomaterials for T-cell cancer immunotherapy. Nat. Nanotechnol., 16(1):25-36 (2021).

Tyrel T Smith et al., In situ programming of leukaemia-specific T cells using synthetic DNA nanocarriers. Nat. Nanotechnol., 12(8):813-820 (2017).

 

この情報をシェアする
シンボルマーク

よく読まれている記事

株式会社 同仁がん免疫研究所
〒862-0967 熊本県熊本市南区流通団地1-44-2  TEL : 0120-350-552
© Dojin Institute of Cancer Immunology, Co., Ltd. All Right Reserved.