がん免疫療法コラム

シンボルマーク
パターン
パターン

がんを引き起こすウイルス(6) Vol.79

これまでがんを引き起こすウイルスとしてちHBV(B型肝炎ウイルス)とHCV(C型肝炎ウイルス)、EBV(エプスタイン・バールウイルス)、HPV(ヒトパピローマウイルス)について述べてきました。今回のテーマはヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)です。

 

ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)とは?

HTLV-1はその名の通り、ヒトT細胞白血病の原因ウイルスです。T細胞はこのコラムでも度々登場していますが、獲得免疫系を担うリンパ球の一種です。

リンパ球とかT細胞とか紛らわしいのですが、リンパ球にはいくつか種類があり、そのひとつがT細胞です。

T細胞にも種類があるのですが、HTLV-1はCD4陽性Tリンパ球に感染します。

もっとも、HTLV-1はウイルス粒子(コロナウイルスでよく見る姿)としてはあまり存在しません。ウイルスの遺伝子(HTLV-1は遺伝子がRNAとして存在するRNAウイルスです)を逆転写し宿主(CD4陽性Tリンパ球)のDNAに組み込んだ形で存在しています。この状態を「プロウイルス」と呼びます。

「プロウイルス」となったHTLV-1は、新しくウイルス粒子もつくりますが、宿主細胞の分裂に伴いプロウイルスとしても増えていきます。

 

HTLV-1が引き起こすがん

もっとも、HTLV-1に感染したからといってがんや他の病気を発症するのは稀です。世界的には日本や中南米、アフリカなどにHTLV-1感染者が多く、日本では九州や沖縄に感染者がいますが、そのほとんどはHTLV-1による症状を発症しません。持続感染を維持したままです。

ただ、なんらかのきっかけでHTLV-1感染細胞が増殖して起こるのがヒトT細胞白血病です。年間千人程度が亡くなっています。ちなみに白血病にもさまざまな種類があり、日本での年間死者数は白血病トータルでは8千人程度です。

なお、HTLV-1は、HAM(HTLV-1関連脊髄症、HTLV-1-associated myelopathy)、HAU(HTLV-1関連ぶどう膜炎、HTLV-1-associated uveitis)などの疾病の原因となることも知られています。

ちなみに白血病はかつては不治の病のイメージでしたが、現在はさまざまな治療法があります。実際、白血病を発症された方でも、寛解されて元気に活動されていらっしゃる方は大勢います。

 

まとめ

白血病はがんの中では比較的罹患者の少ないがんです。HTLV-1によるヒトT細胞白血病はその中でも少ない割合ですが、日本では九州や沖縄、東北などに見られる特徴的ながんです。最近では都市部にも広まっています。なお、白血病の症状としては全身倦怠感、食欲不振、発熱などがあります。口腔症状があることもあります。

診断自体は困難ではありませんし、治療手段も増えています。不調を感じられた際には速やかに医師に相談されるのが良いでしょう。

 

参考文献

Kenji Ishitsuka et al. “Human T-cell Leukaemia Virus Type I and Adult T-cell Leukaemia-Lymphoma”, Lancet Oncol. 2014 Oct;15(11):e517-26. PMID 25281470

M Yoshida et al. “Isolation and Characterization of Retrovirus From Cell Lines of Human Adult T-cell Leukemia and Its Implication in the Disease”, Proc Natl Acad Sci USA. 1982 Mar;79(6):2031-5. PMID 6979048

Kristien Verdonck et al.”Human T-lymphotropic Virus 1: Recent Knowledge About an Ancient Infection”, Lancet Infect Dis. 2007 Apr;7(4):266-81. PMID 17376384

M Nagai et al. “Analysis of HTLV-I Proviral Load in 202 HAM/TSP Patients and 243 Asymptomatic HTLV-I Carriers: High Proviral Load Strongly Predisposes to HAM/TSP”, J Neurovirol. 1998 Dec;4(6):586-93. PMID 10065900

「本邦におけるHTLV-I感染及び関連疾患の実態調査と総合対策」研究班(班長: 山口一成)『HTLV-1キャリア 指導の手引』https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dl/htlv-1_d.pdf (2020年7月12日閲覧)

岡本圭一郎他『口腔症状を契機に発見された白血病症例の臨床的観察』日口科誌, 47 : 108∼114, 1998. https://www.jstage.jst.go.jp/article/stomatology1952/47/1/47_1_108/_pdf

この情報をシェアする
シンボルマーク

よく読まれている記事

株式会社 同仁がん免疫研究所
〒862-0967 熊本県熊本市南区流通団地1-44-2  TEL : 0120-350-552
© Dojin Institute of Cancer Immunology, Co., Ltd. All Right Reserved.