がん患者様のためのお役立ちブログ

シンボルマーク
パターン
パターン

6種の治療の流れ・スケジュール

「6種の治療を受けたいけれど、どんな風に治療するんだろう?」

「6種の治療はどんなスケジュールで行われるんだろう?」

6種の治療の流れやスケジュールに関して、不安がある方もいるかと思います。

 

今回は、6種の治療の流れやスケジュールに関して分かりやすく解説します。

6種の治療を検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

6種の治療の流れとは

6種の治療とは、がん患者様の弱った免疫細胞を体外に取り出して培養し、免疫細胞の強化や増量を行い、体内に戻す治療法です。

6種の治療は以下のような流れで行われます。

 

①患者様医療機関を受診

②採血

③細胞加工センターに血液が送られ3週間培養

④医療機関に点滴バッグが送られる

⑤再び医療機関を受診

⑥点滴で投与する

 

※②の採血では30mlの血液を採取します。

※⑥点滴は20〜30分程度で終了します。

 

6種の治療のスケジュール

続いては6種の治療のスケジュールを紹介します。

 

まず、6種の治療は入院ではなく、通院で行われます。

治療期間は約4.5ヶ月です。

基本的には、6回を1クールとし、間隔は3週間ごとに行われます。

全6回の通院時には採血と点滴を行いますので、ご了承ください。

 

6種の治療の注意点

最後に6種の治療の注意点を紹介します。

 

6種の治療では採血と点滴を行いますが、この2つは必ず同じ医療機関で行う必要があります。

また、治療の間隔は通常3週間毎ですが、詳細な治療スケジュールは医師と相談の上決定いたします。

 

まとめ

今回は6種の治療の流れ、スケジュールを紹介しました。

6種の治療は患者様への精神的、肉体的な負担が少ない治療法です。

副作用も少ないため安心して受けていただけます。

また現在入院中の患者様でも、外出許可を得て通院が可能な場合、提携医療機関で治療を受けることができます。

 

6種の治療に関してご不明点がございましたら、お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。

 

同仁がん免疫研究所の電話番号は【0120−350−552】

お電話の受付時間は、平日9:00-18:00まで。

土曜日は9:00-13:00までです。

時間外にお電話いただいた場合には、お問い合わせ受付後に折り返しご連絡させていただきます。

 

同仁がん免疫研究所へのメールでのお問い合わせは、下記のリンクよりどうぞ。

メールでの問い合わせ

 

お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

専任のスタッフが丁寧に対応いたします。ご不明な点などございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

この情報をシェアする
シンボルマーク

よく読まれている記事

TOP