がん治療についてのお問合せ   がん治療に関するお問合せ


トップページ > 新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法
新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法


【新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法の名称の変更について】
   今後私たちは、新樹状細胞獲得免疫ワクチン(DC-Adaptive Immunity Vaccine)療法をDC-AIVac(DCアイバック)療法と呼ぶことにしました。

DCアイバック・CSC療法DCアイバック・WT1療法
CSC: Cancer Stem Cell がん幹細胞

【当研究所の免疫療法について】
   当研究所には3つの免疫療法『「倉持式」5種複合免疫療法』・『DCアイバック・WT1療法』・『DCアイバック・CSC療法』がございます。どの免疫療法も※1副作用の少ない治療法であり、抗がん剤療法・放射線治療に比べて患者様の精神的・肉体的苦痛がありません。また、通院で治療ができるので、患者様のクオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)の向上や行動範囲の拡大につながります。  
   なお、当研究所は「がん免疫治療用細胞の製造方法」の特許を取得致しております(第4953403号)。
※1 副作用とは次を指します。吐き気、倦怠感、脱毛、口渇感、貧血、嘔吐。

「倉持式」5種複合免疫療法 DCアイバック・WT1療法 DCアイバック・CSC療法


【当研究所の3種類ある免疫療法の概要】  
   5種複合免疫療法の「5種」とは、①キラーT細胞、②NK細胞、③NKT細胞、④γδT細胞、⑤樹状細胞の5種類の免疫細胞のことです。

『「倉持式」5種複合免疫療法』は、これら5種類の免疫細胞を用いた免疫療法です。
『DCアイバック・WT1療法』は5種複合免疫療法に樹状細胞ワクチン療法を付加した(WT1ペプチドを用いた) 療法で、『DCアイバック・CSC療法』はWT1ペプチド に、さらにがん幹細胞を標的とした抗原ペプチドを用いた療法です。

5種類の免疫細胞の効果
 
         

新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法

特許取得がん治療の複合免疫療法「第4の治療」
免疫療法のがん専門特許技術



免疫療法の英語パンフレット
免疫療法の中国語パンフレット
がん治療の韓国語パンフレット


サイトのご利用について    個人情報保護方針    Coryright(C) Senshin Clinic All Right Reserved.