がん治療についてのお問合せ   がん治療に関するお問合せ


トップページ > 治療・通院の流れ
治療・通院の流れ

   採血で細胞を採取して培養後、点滴にて治療を行います
NKT・NK・γδ(ガンマデルタ)・キラーT細胞・樹状細胞複合免疫療法は、がん患者様の弱ったリンパ球(キラーT細胞)、NK細胞、NKT細胞の一部を採血により、体外に取り出して培養し、人工的に手を加えて細胞の力を強化し数を増やして、点滴を行い元の体内に戻して治療を行います。 点滴時間は20~30分と短く、通院による治療を行いますので、患者様に精神的、肉体的な負担も少ない治療です。

治療方法


   3週間ごとに6回を1クールとして4.5ヶ月間

   基本的な治療は、3週間ごとに6回を1クールとして、約4.5ヶ月かけて行います。 6回目終了2~3週間後に、PET-CT、CT、MRI検査、腫瘍マーカーの測定や血液検査などの結果を用いて治療効果の判定を行います。
 



治療に必要なもの


   受診を希望される方は以下のものをご準備ください

本療法を受けるときに用意するもの

・診療情報提供書(医師の紹介状)    
・検査資料
(最近撮られたレントゲン、PET-CT、CT、MRI、PETのフィルム)
・血液検査データ
・服薬中の薬など
・治療に同意される方は印鑑が必要です。

 
準備可能な資料を初診日にご持参下さい。


治療について


   NKT・NK・γδ(ガンマデルタ)・キラーT細胞・樹状細胞
「倉持式」5種複合免疫療法は通院による治療を行います

原則的に治療は、通院で行います。入院の必要はなく、定期的に来院いただき検査・採血・点滴による治療を行います。
現在、治療のため、他の病院へ入院中の患者様でも、外出許可を得て通院が可能ならば、治療を受けることができます。  






免疫療法の英語パンフレット
免疫療法の中国語パンフレット
がん治療の韓国語パンフレット


サイトのご利用について    個人情報保護方針    Coryright(C) Senshin Clinic All Right Reserved.