がん治療についてのお問合せ   がん治療に関するお問合せ


トップページ > MCIスクリーニング検査
MCIスクリーニング検査
軽度認知障害(MCI)のリスクを調べて認知症を予防するための検査




MCIスクリーニング検査とは
   「MCIスクリーニング検査」は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドの蓄積を間接的に評価することで、軽度認知障害(MCI)のリスクを調べます。 また、アルツハイマー病の発症に関連する遺伝子を調べる「APOE遺伝子検査」も行っております。「MCIスクリーニング検査」と「APOE遺伝子検査」は1回の採血で同時に検査することができます。
   認知症は生活習慣病のひとつと考えられるようになりました。生活習慣病は、生活習慣の改善や早い段階での介入によってその発症時期や症状の進行を遅らせることができます。予防のために重要なことは早期発見。「MCIスクリーニング検査」「APOE遺伝子検査」は、認知症の早期発見を手助けする検査です。

詳しくはこちら≫

MCIスクリーニング検査のメリット
○簡単な検査         検査は少量の採血のみ。
○MCIの早期発見   自覚症状がない段階で、いち早くMCIの兆候を発見できます。
○認知症の予防      MCIのリスクを判定して、認知症予防に取り組むことができます。
以下のような方にお勧めです
○50歳代以上の方
○認知症への不安を抱いている方
○ご家族が異変に気付いた場合
遺伝子で分かる認知症リスク「APOE遺伝子検査」
アルツハイマー病や高齢者の認知機能低下に関与する重要な遺伝子のひとつにAPOE遺伝子があります。このAPOE遺伝子には3つの型があり、それぞれの型によりアミロイドβペプチドへの防御作用の強さが異なります。中でもAPOE-4型を持つ場合、アルツハイマー病を発症するリスクが高いことが分かっています。APOE遺伝子検査型を調べることで認知症を発症するリスクを測定します。
検査のお申し込と費用
検査項目 所要日数 費用
MCIスクリーニング検査 2~3週間 ¥20,000(税別)
APOE遺伝子検査 2~3週間 ¥16,000(税別)
特許取得がん治療の複合免疫療法「第4の治療」
免疫療法のがん専門特許技術


免疫療法の英語パンフレット
免疫療法の中国語パンフレット
がん治療の韓国語パンフレット


サイトのご利用について    個人情報保護方針    Coryright(C) Senshin Clinic All Right Reserved.