がん治療についてのお問合せ   がん治療に関するお問合せ


トップページ > 「倉持式」5種複合免疫療法の特徴と期待できる効果
「倉持式」5種複合免疫療法
免疫療法とは
   本来、私たちの体には「免疫」というシステムが備わっており、侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃、排除しています。がんも例外ではありません。このシステムには様々な「免疫細胞」が関わっており、「自己=自分自身」と「非自己=異物・抗原」を見分けて「非自己」を攻撃・排除しているのです。
   体内では、毎日何千ものがん細胞が発生していますが、すべての人ががんにならないのは、「免疫細胞」が休むことなく働いてがん細胞を退治しているからです。ところが、加齢やストレスなど様々な要因から「免疫細胞」が衰えてしまうと、がんの発症を防ぎきれなくなります。
   そこで、弱ってしまった「免疫細胞」を体外へ取り出し、活性化・増殖させて体内に戻し、がんと戦う力を増強させます。この療法を「免疫療法」といいます。

免疫細胞とは


どんながんに有効ですか?再発や転移がんに対応しますか?
・一部の白血病、一部の悪性リンパ腫を除く、ほぼすべてのがんに対応します。難治性のがんや進行し
   たがんにも対応します。
・手術・抗がん剤・放射線治療が難しい転移・再発したがんでも、当療法によって、がんが縮小した
   り、進行が抑えられたり、なかには完全に消失したケースもあります。
・がんの再発・転移の予防にも効果的です。
・また「NKT細胞」は、抗がん剤やステロイド、放射線に対しても抵抗力が強いのが特徴です。
・手術前・術後の抗がん剤・放射線治療と併用することで、※1副作用の軽減や生活の質の改善にも役立
   ちます。
※1 副作用とは次を指します。吐き気、倦怠感、脱毛、口渇感、貧血、嘔吐。

どんながんに有効ですか


5種複合免疫療法の細胞活性化について
・ただ一つ、二つの細胞を活性化する免疫療法には限界があります。
   一つ、二つの免疫細胞の元気を回復し、数を増やすだけでは免疫力を十分に高めることはできませ    ん。免疫細胞同士のつながりを考えると、免疫力を高めるには、
   1.NK細胞 2.NKT細胞 3.キラーT細胞 4.γδT細胞 5.樹状細胞が、協力し合って活性化する
   ことが必要です。
・上記5種類の細胞を同時に培養、互いに活性化し、数を増やし、患者様の体内に戻すことによって免疫    機能を再構築し、免疫力を高めてがん細胞への攻撃力を強化して高い治療効果(治療有効率:約77%    ※2)を出しています。 
・体内でのがん細胞増殖の抑制、再発、転移の予防を目的とした治療法が「NKT・ NK・キラーT細胞・    γδ・樹状細胞 5種複合免疫療法」です。
※2 副作用とは次を指します。吐き気、倦怠感、脱毛、口渇感、貧血、嘔吐。
5種類の免疫細胞の効果

   特にNKT細胞は、サイトカインの一種であるIFNーγ(インターフェロンーガンマ)を放出することで免疫細胞のネットワークを活性化し、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、γδT細胞、NK細胞、樹状細胞など、がん細胞を攻撃する体内のさまざまな免疫細胞を同時に活性化する強力な免疫活性化(アジュバンド)作用を持ちつつ(1-3)、免疫細胞の長期にわたるがん攻撃記憶機能を獲得することが明らかにされています(4)。

 

   当研究所の5種複合免疫細胞の培養でも、NKT細胞を活性化することでIFN-γ基準値と比較して1200~2000倍の高いINFーγが産生されています(下図参照)。

   


  また、活性化したNKT細胞を用いた進行性非小細胞肺がんの臨床試験において、NKT細胞はがん細胞が免疫細胞に攻撃されないようにしかけたブレーキを解除する免疫チェックポイント阻害薬とほぼ同等の効果があるとされています(2)。

 

                                     (1) Front Immunol (2014) 5:543.
                                     (2) N Engl J Med (2015) 373(17):1627-39.
                                     (3) 慶応義塾大学病院、理化学研究所 プレスリリース 2018年3月12日.
                                     (4) J Exp Med (2007) 204(11):2641-53.

 

特徴と期待できる効果
1.独自の技術で開発した5種複合免疫療法は、他の細胞療法より高い治療効果が期待できます。
2.副作用※1が少なく精神的・肉体的負担がありません。
   患者様ご自身の免疫細胞を用いる治療の為、副作用※2はほとんどありません。
3.他のがん治療と併用することによって、さらに効果が期待できます。
   手術前後の放射線治療や抗がん剤との併用、抗がん剤の副作用※2の軽減、生活の質の改善が期待
   できます。
4.再発・転移した多くの種類のがんに対応できます。
   一部の白血病、一部の悪性リンパ腫を除く、ほぼ全てのがんに対応します。
5.再発・転移の予防にも効果的です。
   手術後に残ったがんに対応します。
6.治療は採血と点滴 (20~30分)ですので、入院の必要がありません。
   通院による治療を行いますので、患者様が現在の生活のリズムを変更することなく治療することが
   可能です。
7.治療有効率約77%※2
    直近の206名の成績は、有効率約77%(完全・部分寛解 38%+長期不変 39%)です。
※2 副作用とは次を指します。吐き気、倦怠感、脱毛、口渇感、貧血、嘔吐。
※1 DCアイバック・CSC療法の場合。
NK細胞・NKT細胞・キラーT細胞・γδT細胞・樹状細胞の作用



リンパ球は空から降る爆弾。NK細胞はミサイル。
NKT細胞・γδT細胞は、核爆弾
【直接作用】
NK細胞・NKT細胞・キラー細胞・γδT細胞が直接がん細胞に攻撃してがん細胞を殺傷する。




がん治療内容

特許取得がん治療の複合免疫療法「第4の治療」
免疫療法のがん専門特許技術





サイトのご利用について    個人情報保護方針    Coryright(C) Senshin Clinic All Right Reserved.