がん治療についてのお問合せ   がん治療に関するお問合せ


トップページ > 新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法 > DCアイバック・CSC療法
がん幹細胞・がん細胞を標的とした新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法
DCアイバック・CSC療法

【がん幹細胞とは】
   がんを作り出すと考えられている細胞をがん幹細胞Cancer Stem Cell: CSC)と呼んでいます。がん幹細胞は、1997年にカナダの研究チームによって急性骨髄性白血病患者の血液から発見され、これまでに乳がん、脳腫瘍、前立腺がん、食道がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、頭頚部扁平上皮がんにもがん幹細胞が存在することが報告されています。通常、がんの治療は外科手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療が行われています。抗がん剤や放射線治療はすでに大きくなったがん組織やがん細胞を障害し、縮小させることができます。しかし、最近の考え方としてすでにがん化した細胞を傷害し、縮小しても、がんを作り出す幹細胞が残っていれば再びそこからがん細胞が生み出され転移、再発をくり返すことが分かってきました。がん幹細胞は抗がん剤や放射線に対して抵抗性があり退治することが困難であるといわれています。がん幹細胞は、がん組織中に数%というごく微量しか存在しませんが、自己複製能力を持ち、自分と同じ細胞を維持しながら分化、増殖して周囲の多くのがん細胞を生み出すもとになっているのです。
【がん幹細胞の由来】
   ところで、そのがん幹細胞はもともとどこから生まれるのでしょうか。我々の体細胞はもともとそれぞれの臓器を構成する幹細胞から作られています。すなわち、肝臓なら将来肝臓になるべく細胞(肝幹細胞)が分化、増殖した結果、肝臓という臓器が形成されます。正常な細胞や幹細胞にはAPCという遺伝子が存在します。APC遺伝子は正常な時は何ら細胞に悪さをしません。また正常な細胞のAPC遺伝子がおかしくなっても正常な細胞はがん化しないことが分かっています。しかし、正常な幹細胞のAPC遺伝子がおかしくなるとその正常幹細胞ががん化します。すなわち、この最初のステップががん幹細胞の元と考えられます。
【がん幹細胞治療法の開発】
   そこで、我々はがん幹細胞を障害する治療法を開発することが、がんの再発・転移の克服につながると考え、長年「がん幹細胞」というがんの供給源となる細胞を標的とする新しい免疫治療法の開発を目指した研究をしてまいりました。我々は、NK細胞、NKT細胞、キラーT細胞(細胞障害性Tリンパ球:CTL)、γδT細胞が、がん幹細胞を認識して攻撃するためには、まず樹状細胞(Dendritic Cell: DC)にがん幹細胞に発現しているがん抗原分子を認識させるということに注目しました。そのためには、次の三つの条件が必須と考えました。
  1. がん幹細胞の特異的抗原の存在
  2. がん幹細胞の共通抗原の存在
  3. 非がん幹細胞の特異的抗原(がん幹細胞でない通常のがん細胞抗原)の存在
   特に、がん幹細胞をやっつけるにはがん幹細胞に1.か2.の条件が存在し、樹状細胞がこれを認識して、NK細胞、NKT細胞、CTL、γδT細胞にその情報を伝達する必要があります。このたび我々は、がん幹細胞特異抗原、共通抗原を樹状細胞に認識させてがん幹細胞・がん細胞を攻撃する治療法を開発しました(DCアイバック・CSC療法)。

 

【適応できる主な18種類のがん/HLA検査は不要です
大腸がん 食道がん 悪性リンパ腫
胃がん 乳がん メラノーマ(悪性黒色腫)
肺がん 卵巣がん 神経膠芽腫
肝細胞がん 頭頚部がん 急性骨髄性白血病
膵臓がん 前立腺がん 多発性骨髄腫
胆管がん 子宮頚がん 子宮体がん
※他にも対応できるがん種がございますのでお問い合わせ下さい。
【治療方法】
   従来の新樹状細胞獲得免疫ワクチン(DC-AIVac; DCアイバック)療法が基本となります。DCアイバック・WT1療法は、樹状細胞にWT1ペプチドを認識させてその情報を他の4つの免疫細胞に伝達し、通常のがん細胞(非がん幹細胞)を攻撃させ治療しますが、この新しい治療法は、樹状細胞にWT1ペプチドの他に上述したがん幹細胞の特異抗原、共通抗原を樹状細胞に認識させ、獲得免疫、自然免疫の両方の免疫系を同時に活性化させる治療法です。採血方法、治療方法は「5種複合免疫療法」「新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法」と同様で、点滴で実施します。
【この治療の特徴】
  1. この治療は獲得免疫系が働くDCアイバック・WT1療法を改良したもので、がん幹細胞の抗原分子に対して特異的に反応でき、治療効果をがん幹細胞およびがん細胞の両方に向けることが可能です。
  2. 自然免疫系も働くDCアイバック療法・CSC療法は、治療効果ががん幹細胞のみならず非がん幹細胞(通常のがん細胞)にもおよびます。
  3. がん幹細胞を標的とするDCアイバック・CSC療法は、免疫療法単独での治療法としても可能です。
  4. 抗がん剤、放射線治療、分子標的剤治療後の再発予防としても有効です。
  5. 難敵とされてきたがん幹細胞に対して一つの活路となります。
【費用】

初期培養費:

16,200 円

(1クールごと初回のみ)

1回投与分:

318,600 円

(消費税込)

6回投与(1クール):

1,911,600 円

(消費税込)

※1投与(318,600 円)ごとのお支払いです。

   ※費用は消費税8%で計算しております。
      その他、初診料などは各医療機関へお問合せ下さい。
【WT1ペプチド+がん幹細胞抗原でがん細胞を攻撃するメカニズム】


   樹状細胞がWT1ペプチドを認識すると、その情報をNKT細胞、CD8陽性細胞(キラーT細胞)に伝達します。それによってNKT細胞、キラーT細胞が活性化・増殖し、がん細胞を攻撃するサイトカイン(INF-γ、TNF-α、パーフォリン、グランザイムなど)を放出してがん細胞を攻撃・死滅させます。
   NK細胞は直接、がん細胞を攻撃します。γδT細胞は、WT1ペプチドを直接認識あるいは食作用によりWT1ペプチドを食べて活性化し、細胞障害性Tリンパ球(CTL)に抗原提示を行いがん細胞を攻撃します。

新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法

特許取得がん治療の複合免疫療法「第4の治療」
免疫療法のがん専門特許技術





サイトのご利用について    個人情報保護方針    Coryright(C) Senshin Clinic All Right Reserved.